保存食品の種類と効果

MENU

需要増す保存食品

2011年3月11日、日本が未曾有の大災害に襲われた事は、今後何年経っても決して忘れられる事はないでしょう。
其れからこの日を境に、日本ではあらゆる物が価値観を変えました。

 

保存食品も、その中の一つです。

 

 

東日本大震災が発生した際、東北の太平洋沿岸部は殆どが避難対象区域となりました。
其れから、長期に亘る避難生活を余儀なくされました。

 

 

この時、インフラを筆頭に、お手洗いや暖房とか、あらゆるものが不足し、困難な状況に陥りました。
そのなかでもとくに深刻だったのは、食糧問題です。

 

 

食糧の不足は、即刻死につながります。

 

いくら他の地域に食べ物があっても、其れを運ぶ手段がなければ意味は御座いません。
各避難所においては、一人あたりおむすび一個もらえるかどうかと言う状況が続き、小さな子供を抱える親御さんの多くは、しばらくの間自分の食事を控え、我が子に食べさせると言う状況が続いたそうです。

 

仮に、各避難所に保存食品が潤沢にあったなら、かんぜんとは言わないまでも、もっと状況を改善できた事でしょう。
東日本大震災のような災害で、家のなかで非常食を買い込んでいても、その家ごと無くなってしまうと言うケースはあり得ます。

 

 

これまでは、各家庭で非常食を備蓄

しておくように推奨されていましたが、東日本大震災以後は、其れだけではなく、各公共施設において大量の保存食品を確保しておく事の重要性が指摘されるようになりました。
保存食品を取り巻く環境は、明らかに変化しているのです。


スポンサード広告



突然ですが人数限定で
うつ病でお困りの方に無料で克服方法をプレゼントしています
更新履歴